払えきればい賠償金を抱えないために任意保険には加入するべき

前項までは自賠責保険について書いてきましたが、ここからは交通事故に備えるもう一つの保険である任意保険について書いていくことにします。任意保険は自賠責保険だけで補うことができない交通事故の損害賠償の支払に充てることを目的にした保険です。したがって加害者がもしこの保険に加入していなければ、自賠責保険での不足した損害賠償は本人の負担になるわけですから額によっては払いきれない場合もあります。それを補ってくれるのですからこの保険の役割は非常に大きなものがあると言えます。この任意保険はかつては国の規制により各社一律で、保険の内容もほぼ同じでした。でも保険が自由化になってからは欧米系保険会社進出の影響もあり、今では各社ごと独自の任意保険を販売しています。任意保険は自賠責保険に比べて保障範囲が非常に広く、そのため種類が非常に多くなっています。以下でその種類について説明します。

任意保険の7種類

交通事故に備える任意保険ですが、補償範囲が広いため種類が多く、現在では7つもの任意保険がありあります。
① 対人賠償
保険交通事故で被害を受けた人に対する保険です。
② 対物賠償保険
相手車輌や事故で生じた他人の家の損害を賠償するためのものです。
③ 自損事故保険
一般的な任意保険の補償対象にならない自分自身が被った損害を補填するものです
④ 搭乗者傷害保険
運転者も含めて交通事故に遭った車に乗っている者の補償に対するもの。
⑤ 車両保険
本人の車が交通事故、災害などで壊れたり盗まれたりしたとき補償される。
⑥ 無保険者傷害保険
無保険の車との事故で被害者を補償するもの。
⑦ 人身傷害補償保険
無保険者傷害保険で挙げた無保険車傷害保険の改良型で、過失相殺の自己負担分も補償してくれます。

補償内容によっても任意保険の種類は分かれる

任意保険は事故の性質や損害補償の内容によって種類が分けられます。とは言え損害保険会社はそうした区別によって1種類ずつ作って商品を販売しているわけではありません。ほとんどの保険会社はいくつかの補償内容をセットにして、それに各社独自の特色を加えて、それぞれ異なった商品名で売り出しているのです。ではそうした商品で、交通事故被害者の補償に関して主だった商品の内容を見ていきましょう。
① 自動車総合保険
対人、自損事故など、自動車に関するあらゆる損害を補償してくれる保険です。
② 自家用自動車総合保険(SAP)
対人、対物、自損事故、搭乗者、無保険車、車輌、などがセットになっている保険です。
③ ③一般自動車保険(BAP)
この保険は別名ばら売りの保険と言われており、対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険などをそれぞれ個別に契約するようになっている保険です。
④ 自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)
自動車を所有していないが、他人から借りた自動車を運転することがある人を対象とした保険です。一般自動車保険(BAP)と同じように補償内容は個別に契約するようになっています。なおこれら以外にも主に外資系の損保会社が扱っている「リスク細分型自動車保険」という商品もあります。この保険は事故を起こす可能性の高い人からは高い保険料をとり、逆に事故を起こす可能性の低い人からは安い保険料をとる仕組みの保険です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ